03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

悶絶メタルのブログ

メタルレビューサイト“悶絶メタルのページ”の補助的なブログ兼日記

メタルの敵 

突然だが、過去にレビューした国産オルタナバンド、KEYTALKのレビューを削除させて頂いた。理由はこれだ!

https://twitter.com/TEPPAGAN/status/987189182429782017

どうやら古着をリメイクする的なコラボのようだが、そこであろう事かヘヴィメタルの帝王、オジー・オズボーンのTシャツに上からテメェ等のクソみてぇなバンドロゴを無理矢理プリントし売るという、ヘヴィメタルに対して正面から喧嘩を売るという愚行を奴等は犯したのだ!ファック!ふざけるな糞オルタナどもが!無許可だろ!?オジーに無許可でやってるんだろ!?著作権侵害だろ?通報しちまえ!

俺は普段から毒こそ吐くものの、基本的には自分には絶対に出来ない事を当たり前のように行う全てのバンドをリスペクトする精神で今日まで生きてきたが、やはりオルタナ連中だけは軽蔑してOKだな!奴等は音楽的にもクズだが、人間性もクズだ!

ただでさえマトモに楽器もできねぇ、Voもド下手糞で曲もつまらねぇ見所無しのゴミみてぇなジャンルな上に、チャラチャラしたチンピラの馬鹿なガキどもウェイウェイほざきながらオラついて聴くようなノリが気に食わなかったが、この際だから堂々と文句言わせて貰うぜ。ダチとつるんで酒飲んでクスリキメて女遊びしてる暇あったら楽器練習しろや!

もうこの手のバンドは二度と聴かねぇ。もう何年も聴いてねぇけどな!クソして寝てろマザーファッカー!
スポンサーサイト
2018/04/21 Sat. 02:53 | trackback: -- | 本文: -- | edit

メタル新年2018 

メタラー諸君、1日遅れだがあけマンコおめでタマキン!今年もよろチンコオメゲ致しマンコパコパコだ!(笑)

・・・等と新年早々クソみたいな下ネタもいいが、昨今の世界情勢を省みるにめでたいなんざとても言えたモンじゃねぇ!アメリカの差別主義のクソビジネスマンに、日本のヘラヘラしたクソサイコパス総理、そして北の独裁国家が世界を滅茶苦茶にしまくったのがファックな去年だ!果たして今年はどれ位酷くなっちまうんだ!?俺達大衆は一体どこまで搾取され苦しめられ続けなければならないんだ!ふざけるなマザーファッカー!クソ権力者どもめ!地獄で焼かれちまえ!

等などの不平不満や怒りも交えた毎年恒例の2017年ベスト発表も近いうちにやるんで、それまでマスをかきながら待っててくれ!人生は短い、いつ腐った悪徳権力者どもに全てを奪われるか判らん!その日までロックしようぜ!
2018/01/02 Tue. 15:34 | trackback: -- | 本文: -- | edit

メタルクリトリス2017 

Whore!Whore!Whore!童貞メタラー諸君、ペニス・ファッキン・クリトリス!今年も俺達には無縁の季節がファッキンやって来たぜ!クリスマスTENGAもイメージカラーは同じ紅白だから、俺達はTENGAで楽しもうぜ(笑)。

そんなわけで今年も毎年恒例、悶絶サンタからの嫌がらせみたいなクリトリスプレゼント的な面白メタルその他モロモロ動画孤独な性夜をファックしてくれ!


CHILDREN OF BODOMのオーケストラアレンジ



AVENGED SEVENFOLDのオーケストラアレンジ



オーケストラは生では無く打ち込みだが、流石は現代だけあってスケール感がなかなかに出ており意外と不満は無いな。初期チルボドはネオクラシカルなんでクラシックアレンジがマッチするのは当然だが、AVENGED SEVENFOLDがここまでオーケストラとマッチするとは意外じゃったわい!やはりヘヴィメタルの根底にあるのはロック、ブルースでは無くクラシックなのだな・・・!DEEP PURPLEやLED ZEPPELINのオーケストラアレンジも知っているが、やはりルーツがブルース、ロックンロールなんで違和感モッコリだったからな(笑)。


ブラジルのB級以下クサレメタルバンドXAKOL



南米と言えばB級以下クソメタルの産地だが、久々にドイヒーなバンドが出て来たのう!まぁ音は目を瞑るとして、ギターは意外と悪くない仕事をしているんだが、とにかくVoが酷過ぎて吹くわい!何だこのヘナチョコ裏声ハイトーンは!ワイルドスティール様よりもドイヒーである(爆)。これはアレだ、ミックスボイスが不完全過ぎてこうなってるんだな・・・!俺達素人のカラオケって案外こんなレベルだぜ(笑)。ところでバンド名は「クサコル」って読むのか?


同じくネタバンドDETONATHOR



上記のXAKOL派生バンド前身バンドかは知らんが、IRON MAIDENの言わずと知れた“The Number Of The Beast”を随分と滅茶苦茶にしてくれたモンだ(笑)。お笑い替え歌のようで相当に下品な事(ホモネタ)を歌っているらしいな(爆)。他にも何とライヴであの“ペガサス幻想”をカヴァーしているぞ(笑)。



意外にも無理なハイトーンを出さなければそこそこは歌えるようだな(笑)。普通に歌え!



超今更な話だろうが、声が変わる直前のドラえもん映画の主題化がクサいと言うのをつい最近知ったんで、ここでついでに紹介しよう(爆)!典型的歌謡クサメロで、全盛期のムックやメリーがやりそうなサビがクサく、女性Voの歌い回しには民謡テイストを感じさせるのう・・・!10年前の俺だったらもっとハマってただろうな(笑)。



クリーンVo入れて微妙になっちまったDEVILOOFに続いて現れた、V系メタルコア/デスコアの新鋭バンドDIMLIMである!どうやらDEVILOOFの元ギターが新たに始めたバンドのようで、ガチのデスコアだったDEVILOOFとの違いはDIRの京以上にホイッスルボイスを連発しまくるという点だろうか・・・!だが例によって例の如くと言うか何というか、餃子は旨いのにラーメンは微妙な店のようにクリーンVoが実にダメだな!(爆)ラテンなギターソロ等DEVILOOFには無い美点もあるし、これでクリーンさえ無ければなぁ(笑)。正直グロウル、ガテラルも吸いであまり迫力は無いんだが(爆)。まるで現代に蘇ったAliene Ma'riageみたいだな。



知らんうちにKAMIJOがこんなクワイア入りライヴやってたとは・・・!日本語クワイアが絶妙にダサく、曲調もKAMIJOの趣味なのか歌謡曲テイストが強いが、ギターが何とケリー・サイモン氏で他のメンバーもテクニックあるな。ダサいとは言ったが、このある意味コテコテな宝塚系ムードが味であると言えなくも無いか!?


今年はこんな所かのう・・・!2017年、差別主義のクソビジネスマンが大統領になり、サイコパスのアホ総理がチンポをしゃぶり媚び諂い、危険を煽りヘイトをばら撒く予想通りの暗黒でファックでネガティヴでヤバイ年になっちまったが、俺達はメタルでそれにNOを突き付けるぜ!ヘヴィメタルは正義の音楽なのだ!それではメタラー諸君、ペニー・ファッキン・クリトリス!来年もよいおToshiを!!



Merry Metal Xmas!!!!
2017/12/25 Mon. 16:40 | trackback: -- | 本文: -- | edit

金曜夜のユルめのお楽しみ 

先日の金曜は秋葉原でIRON ATTACK!が3人編成で無料ミニライヴをやるイベントがあったので、丁度予定が無かったという事もあり久々にアキバに足を運んでミニライヴを軽く鑑賞してきたのでこの場で少し感想でも書かせてもらおう!

ハコは秋葉原twinboxなる初めての場所、さらに東方系のイベントで他の出演者はDJ系でメタル、ロックにあらずとIRON ATTACK!的にも個人的にもバリバリのアウェー環境、フルバンドでは無くツインギターでIRON氏とKira氏、そしてVoでまいなすいょん女氏が参加、ベースとドラムがおらず同期音源という事で流石に音は軽く、オーディエンスの位置次第ではまるで昔のYoutubeみたいな劣悪なドラム音になってしまうような状況で、全体的にVoが前に出ておりギターが引っ込み気味だったものの、どうやらオーディエンスの客層が普段HM/HRを主食としている俺等のようなメタルヘッズでは無いらしいんでこのバランスで良かったのかも知れんな・・・!

普段生のバンドでライヴをこなすIRON ATTACK!故にベース、ドラムがアドリブの利かない同期という事に不慣れだったのか、キメが合わない箇所もあったがツインリードはこういうアウェーでもやはり輝いており、普段メタルを聴かない層にもアピール出来ただろう・・・と思いたい(笑)。

ドリンク代のみの入場無料ライヴなんで僅か3曲のみ、他の対バン相手はバンドでは無くDJ系で一切知らなかったんで俺が観たのはIRON ATTACK!だけだが、無料でしかも金曜の夜という事もありハコの8割以上が埋まっている感じで、HM/HRのノリでは無いながらオーディエンスはかなり盛り上がっており、俺等メタラーも負けてられんと思ったわい(笑)。最近はメタルファンあんまライヴで盛り上がらんからなぁ(笑)。
2017/10/29 Sun. 03:24 | trackback: -- | 本文: -- | edit

メタル台湾2017旅行記 その5 

ファンキー&ハッピーな4泊5日もいよいよラスト、日本に帰国する日である!オーノー!ガッデム!だがラストの滞在を限られた中で楽しむぜファックイェー!ちなみに最終日はやった事が少ないんで写真は無しだ(笑)。

とりあえず西門で台北では今回初の魯肉飯を食す事に。高雄のそれとはやはり異なる味付けで、個人的には台北のほうが好みな感じだろうか!?勿論どっちも美味い事に変わりは無いぜ!

その後ホテルをチェックアウトし、新たに出来た鉄道で桃園空港に到着、どうやら空港に新たに魯肉飯屋が出来たようで、それも台湾でかなり有名な大御所髭鬚張魯肉飯である!こいつは最高だ!思わず大盛りで2杯も食っちまったぜ!これからは最終日も楽しみが一つ出来たって事だ!台湾を去る直前まで魯肉飯を楽しめるって事だからな!まさにアンコールのラストでプレイされた曲が一番のキラーチューンだったみたいなノリであり、エンドクレジット後のオマケ映像が一番面白い映画みたいなモンだぜ!

そして台湾を惜しみつつ機上の人となり日本へ帰国、今回行きも帰りも映画とか観られず、ただ寝るだけの3時間ちょいだったのが悔やまれるが、最終日にして3杯も魯肉飯を食えたのが最高だったぜ!

こうして今年のジャーニーも無事終了、何だかんだで家の布団は最高だが、今回の旅も最高だったぜ!相変わらず現実感皆無で「あの台湾旅行は夢だったのか!?幻だったのか!?」みたいなグルーヴが俺の頭をファックしているからな(笑)。日程がガチ被りでクサメタルフェスEvoken Festに行けなかったという心残りもあるが、こっちはこっちで心底楽しめたんで良しとするか!?次の機会が何時になるかは謎だが、次もまた足を運びたいモンだぜ!ああ現実はクソだ!(笑)
2017/09/19 Tue. 16:05 | trackback: -- | 本文: -- | edit