04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

悶絶メタルのブログ

メタルレビューサイト“悶絶メタルのページ”の補助的なブログ兼日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

まさかのゲスト参加 

トップページで告知した通り、例大祭14でリリースされる同人HM/HRの王者、IRON ATTACK!の新作“KEEP YOUR FAITH”で1曲、グロウルで参加させて頂いておる!



俺が参加したのは5曲目“Lay sierge the moon”で、まぁ当然ながら1曲丸々では無く一部分なのだが、なかなかにクールな仕上がりになった・・・と思う(笑)。曲の全貌も何も知らされないままいきなり収録したんで、アルバムについては何も言えんのだがレビューは普段通りするつもりである。自分のグロウルには触れないので、聴いた人それぞれが「なかなかにやるじゃねぇかこの野郎!」もしくは「こんなんグロウルじゃねぇ、ショボい声出しやがってこのオマンコ野郎!」とでも、好きに感じて頂けたら幸いだ(笑)。


東方オンリーイベント「第14回博麗神社例大祭」

開催場所:東京ビックサイト

配置スペース番号:東6ホール/ い-10ab
スポンサーサイト
2017/04/22 Sat. 00:11 | trackback: -- | 本文: -- | edit

こんな下らない事でブログ更新させるんじゃねぇマザーファッカーが! 

うちも去年でサイト10年だが、このサイトを立ち上げるに当たって幾つかルールというか決まり事ってやつを設け、本日に至るまでそれを遵守してきたつもりである!まぁここで言う決まり事ってやつはレビューサイトをやる者にとってはごくごく当たり前の話であり、これが守れない奴にレビューサイトやる資格は無い!と断言してもいい位なんだが、その中にこういうものがある!



「自分の意見はあくまでも自分の意見であり、人に自分の意見を無理矢理押し付けない」

「自分と他人の評価が違っても、人それぞれと気にしない」



・・・こんなモン小学生通り越して幼稚園レベルのルールだろ!だが誰とは言わんがこれを守れないアホがおり、余りにもムカついたんでここで吐き出させてもらう!

「俺がいいと思うアルバムをいいと思わない奴はクズ、俺がクソだと思うアルバムを良いと思う奴はカス」アホか!こういう輩の偏見に満ち溢れたレビューはリスナーはおろか、レビューされるバンドにとっても迷惑なんだよ!自分で気付かない内にお前は人様を不愉快にさせているんだよ!いい加減気付け!だからお前は嫌われているんだ!!

まったく新年早々こんな下らない日記書かせるんじゃねぇ!今までは小物の戯言と思って無視してきたが、いい加減ガマンの限界だ(怒)。
2017/01/28 Sat. 02:11 | trackback: -- | 本文: -- | edit

メタル新年2017 

メタラー諸君、あけマンコオメコでとう!(笑)今年もHM/HRをバンバン聴いてレビューしていくぜ!うちのサイトも気が付けば去年で何と10年目!そりゃ老いを感じるわけだな(笑)。

まぁ年明けだからといって特に書く事は無いが、2016年ベストは例の如く1月半ば位に発表するんで適当にマスでもカキながら待っててくれ!
2017/01/02 Mon. 19:54 | trackback: -- | 本文: -- | edit

メタルクリスマス2016 

ヘイメン、メタラー諸君、ペニー・ファッキン・クリトリス!みんなの嫌いなクリトリスもといクリスマスのシーズンだ!何故じゃ!何故お前たちはそこまでクリスマスを嫌うんじゃ!アレか!?バカップルどもが人目を憚らずオマンコしまくるのがそんなにムカつくのか!?お前らには一生不可能な事をいとも簡単に可能とする連中が憎いのか!?

だが考えてもみろ、連中はお前達が失うことの無い、カネと時間と魂を売り渡しその対価としてようやくオマンコにありついているのだ!ビッチどもはお前達の全てを否定する!もし仮にお前等に女が出来てみろ、ヘヴィメタルを奴等は否定し、流行のくだらないゴミみてぇなJ-POPションベンクズみてぇなショボいオルタナを無理矢理聴かせ、お前のファッションも全て流行りに従わせられ、その上ビッチどもにカネを全て吸い尽くされ、お前が趣味に没頭できたであろう大切な時間も全て失われる!その対価としてようやくセックスが出来るんだが、中には奪うだけ奪って股は開かずそのまま逃げるクソビッチもウジャウジャいるぞ!それでもまだ女が欲しいか!?クリスマスにオマンコしたいのか!?果たしてそれが幸福と言えるのか!?どうなんだ!!


・・・おっとスマンコ、ついワレメ・・・もとい我を忘れてホットになっちまったぜ。これが俺の考え方だ!この思想を10代の頃からずっと持ち続けている故に街中でカップルを見かけても何も感じず逆に幸福だぜ!お前等イケてないギーク、ナード達もこの境地にとっとと到達しやがれってんだ!女の股座よりも気持ち良い、楽しい事を俺たちは知っているんだ!そいつを愛せ!楽しめ!ロックしようぜ!

そんなわけで前置きが俺のナニみてぇに長くなっちまったが、今年も悶絶サンタ嫌がらせプレゼントという名の適当な動画紹介だ!チンポ握って楽しんでファックしてくれよ!




イングヴェイの1st“Rising Force”のライナーノーツに書かれていた、スウェーデン時代にHEAVY LOADとSCORPIONSの“We'll Burn The Sky”をジャムった幻のデモ音源だ!やはりこの頃からイングヴェイのギタースキルは光っていたな!



81年、アメリカに渡る前の若かりし頃のイングヴェイのスウェーデンでのライヴである!アンプの壁等この頃から今に通じる「俺が一番」パフォーマンスだな(笑)。



打ち込みを通り越して、ついにロボットが楽器を弾きバンドを組む時代になっちまったな(爆)。まぁ聴いて解る通りエモーションなんざ嬢メタル並に皆無、その上マシンの癖して意外と稚拙なんでまだまだ人間様のほうが上じゃ!人間をナメるなよ機械ども!お前等が人類を支配するディストピアになんざさせねーぜ!(笑)



あの伝説のカルトバンド、Skylarkのライヴ映像を発見したんだが・・・まぁ予想以上にヘタクソだな!エディ・アントニーニの指一本奏法が光り、単調なドラムが暴れそしてヴォーカルは見た目だけで中身は皆無!こんな下手なシンガー見た事ねぇ!これぞまさしく元祖嬢メタル!アイドルメタル!(爆)ベースだけが異様にテクニカルでそこだけ浮いているな(笑)。



下手糞バンドの次は激ウマバンドで口直しだ!同じイタリアのSECRET SPHEREがオフィシャルで公開している、ミケーネ・ルッピ加入後日本で行われたライヴ映像だ!演奏もVoもSkylarkと同じイタリアのバンドとは思えぬ圧倒的クオリティー!SECRET SPHEREも昔は同じようなB級バンドだったのになぁ(笑)。



「最近のヴィジュアル系メタルコアは演奏、グロウル共にクオリティーが向上しつつあるが、クリーンVoが下手、あるいはサビがクソつまらなく聴く気が起きないんだよなー」とお嘆きの皆様、お待たせしました(笑)。ついにヴィジュアル系界隈からクリーンVoを一切使わないバンドが出てきたぜ!見よこのデスコア、グラインドコアっぷりを!新人の若手ながらデスVo各種も演奏もハイレベル!っていうかメイク落として普通にエクストリームメタルやろうぜ(笑)。



ついに再結成したRAINBOWのライヴだ!流石に衰えを隠せないが、リッチー・ブラックモアが再びハードロックの世界に戻ってくれただけで価値があるのだ!日本にも来て貰いたいのだが・・・!



ちょい前に話題を呼んだ、デスコアバンドWITHIN DESTRUCTIONによるお馬鹿過ぎるMVだ!出してる音は極めてマジなのにこのふざけ過ぎなMV!デスコアはとかくシリアスで真面目な印象が強いんだが、こういう姿勢も大事かも知れんな。外人好きとしてはこのネーチャンのケツに埋もれたいぜ!(笑)



シンプソンズの風変わりオープニングシリーズの一環で、80年代ANIMEのコッテリ感を表現したパターンである!見よこの濃厚で暑苦しい、古き良き80年代テイストを!日本のアニメもハリウッドも、当時はこんなノリだったよなぁ(笑)。



プリンセスソフィアから派生したスピンオフ的なディズニーアニメの新作“アバローのプリンセス エレナ”の主題歌だが・・・このラテン特有のエキゾチックな哀愁がたまらんな(笑)。これをメタルアレンジしたらスパニッシュメタルになりそうなんで、誰かやってくれないだろうか(爆)。



今年の頭から日本でも放送された、ディズニーによる関西弁カートゥーン“悪魔バスター★スター・バタフライ”の主題歌なんだが、22秒付近で何言ってるかイマイチ解らん部分があるだろ?あれは「虹と喋り、犬と喋り」と歌っているようだ(笑)。俺も最初は「虹とシャーペン、犬とシャーペン」かと思ってたよ(爆)。



綺麗目カートゥーン、スティーブン・ユニバースにおける劇中歌で、オープニング曲等リズム重視な曲調の多いカートゥーンにあって珍しく、メロディアスな曲の多いカートゥーンなんだが、この曲は特にヴァレンシア、ミートローフ辺りを髣髴とさせるロックオペラ風で良いな!勿論日本語でも放送されているが、こういう歌のパートはオリジナルの言語版で聴きたいモンだな。だが世の中は広いもの、さらにスゲェのがあるぞ!



かつてヴァレンシア、ロビー・ヴァレンタインとかが好きだった人に捧げる超本格的ロックオペラだ!言葉はいらん、心して聴け!


そんなわけで今年はここまでだ!どうだ、見たか!クリスマスにファックするしか脳の無い、マスコミどもが敷いたレールの上でしか生きられない、無意味で無益なカップルどもには一生かかっても辿り着けない音楽の、ロックの、メタルの楽園に俺たちはいるんだ!こっちの人生のほうが遥かに幸せってモンだぜ!それではメタラー諸君、ペニー・ファッキン・クリトリス!来年もよいおToshiを!!





Deathcore Santa!!
2016/12/25 Sun. 17:37 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ウォーリーを探せ的な・・・ 



アナ雪のアナ、ハーレイ・クイン、キム・ポッシブルのシーゴー、さらにポイズン・アイビー(リトル・マーメイドのアリエルかも)、ワンダーウーマン(?)までいるじゃないか!流石はドイツだぜ!(笑)

2016/11/15 Tue. 18:06 | trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。