01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 04

悶絶メタルのブログ

メタルレビューサイト“悶絶メタルのページ”の補助的なブログ兼日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

メタル台湾観光2016冬 その2 

WOOOOOOOOO!そんなわけで台湾日記の3日目を更新だぜファック・イェー!この日はNO観光で、イベントヴォーカルセミナーミニライヴと、あんま台湾感が無いんで写真も全然撮ってないんだが、それでも非日常なムード満点で、普通に過ごしてたんじゃ絶対に味わえないファンキーな体験をして来たぜベイビー、こいつは最高だぜ!


この日は台湾の盟友、LEO氏から頂いたアドベンチャータイムのジェイクTシャツを着用しての1日だ!写真が無いのが悔やまれるぜ(笑)。まずは台湾の同人イベント、“Comic Horizon”の視察だ!台湾の大学にて催されており、日本じゃ何だかんだでまだまだこの手のシーンに偏見があるんだが、台湾はそういうのは無いらしく、日本で言う所の東京駅地下街的な感じの台北地下街も数メートル毎にアキバ系なアートが壁に描かれているのさ!どうだい、クレイジーだろ?

会場の写真を撮るのを忘れたんだが(爆)、イベントの規模的にはかつて蒲田でやってたM3と同程度で、思った以上に狭く小規模だったし、台湾の同人音楽シーンもまだまだ根付いていないらしく、日本の実力派サークルが遠征に来たって感じだったな。まぁこういうイベントが今後もコンスタントに続けばいずれは台湾の同人音楽プロジェクト、台湾のサンホラ、台湾クサゴシックとかが出てくるかも知れないぜメーン。

俺が密かに期待していたアメコミカートゥーンネットワーク関係も特に無く、アドベンチャータイムのプリンセス・バブルガムとマーセリンのそういうのや、最近ようやく日本でもおっ始まった悪魔バスター★スター・バタフライのそういうのとか探したんだが無かったぜガッデム!ジャッキー・リン・トーマスとかやけにエロいのにな(笑)。

ただ、アイアンマンアントマン等のマスクを展示してたスペースや、アナ雪のエルサのファンアートはあったぜベイビー。シュガー・ラッシュのヴァネロペのファンアートもあれば手に取っていただろうな(笑)。あとデッドプールのコスプレしてる人を発見。流石はデップーだぜ!COOL!


そしてIRON氏達がイベント撤収、その後のライヴリハ時間に我々はYAMA-B氏のヴォーカルセミナーを見学だぜメーン!ギターセミナーは多々あれどヴォーカルセミナー、しかも日本のシンガーが海外でセミナーをやると言うのはあまり・・・と言うかまず無く、YAMA-B氏の実力の高さ、そしてヴォーカル講師としての信頼度の高さが伺えるぜ!

KIMG0080.jpg

会場はこんな感じで、規模は大きくないもののチケットはソールドアウト、ここに来る受講者は俺等のような、ただライヴが観たいだけのリスナーでは無く全員がヴォーカル志望であり、その上YAMA-B氏を敬愛する者達ばかり!物怖じせず質問もバンバン飛び出し熱心さが伺えるぜ!日本人も見習うべき点だな。

セミナー内容は堅苦しくならないようにユーモアを交えつつ基礎的な部分から実践を交え、受講者も共に歌いつつ高度なスキルを学ぶといった感じで、ウン十年振りに「授業を受けている」心境を味わえたが、俺がティーンの頃にイヤイヤ受けてたクソつまらん学校のお勉強なんざでは無く、リスナーとしても興味深い内容だったぜYES!

冒頭で音源を流してのGUNBRIDGEメドレー、そしてラストにGALNERYUSメドレーを歌い上げ、セミナーで学んだテクニックをじっくりとおさらいするかのようなパフォーマンスが観れて良かったんだが、普段歌わないGALNERYUS、しかもメドレー形式と言う事で一部入りを間違う部分があったのもご愛嬌ってやつさ。一流のシンガーはミスしても焦らずその後のパフォーマンスでリカバーするものさ。

YAMA-B氏の講義は極めて判り易く頷ける箇所が多いものの、技巧的に高度な面も見せておりこのレベルに到達するのは並大抵のトレーニングじゃ追い付かないぜ。ヤングギターで言うならライオンさんマークだ。とりあえず喉を下げる(喉を開く)と言うのはよく判ったが、あのミックスボイスは相当な修行を積まないと無理だぜ!しかもまさかのグロウル、デスVo講座まであり、ヴォーカル講師たるもの本職の歌唱法で無くとも最低限の技術、知識の習得は必須なのだと言う事をまざまざと見せ付けられたぜ!音楽的なルーツから経験談も聞けたり、さらにはGALNERYUS時代に密かに使っていたという、高度過ぎてよう判らん裏技的なスキル(ドイツオペラの腹式呼吸)まで解説、シンガー志望者にはかなりためになる講義だっただろうな!

それとは別に驚かされたのが台湾の受講者の日本語レベルで、通訳を交えてはいたんだがYAMA-B氏が日本語で話している段階で反応があったり、質問コーナーでも日本語で質問したりと語学レベルの高さが伺えるぜメーン!日本人も見習いたい所だが、日本人にとって英語習得の難易度の高さは今回のヴォーカルセミナーにおける再難関スキルと同レベルだからな(笑)。


そして夜はIRON ATTACK!のミニライヴだ!腹ごしらえに初日に食った激ウマ水餃子を20個食し、さらにチャーハンまで食って満腹状態で迎えたミニライヴ、当初はアコギで1~2曲にトーク、さらにビンゴ大会(?)と、かなりユル~い予定だったらしいんだが、蓋を開けてみたら40分のガチのライヴとなってしまい、やむを得ずヴォーカル、ギター一本に同期音源を流してのライヴとなったのさ!どうだい、クレイジーだろ?

やはりドラム、ベース不在だけに厚みは全然無く、下半身に響くライヴ特有の快感には遠いんだが、それでもIRON氏のギターは熱く勢いがあり、ヴォーカルセミナー後で喉が温まったYAMA-B氏の熱唱も凄まじく、より歌唱力、表現力が向上したまいなすいょん嬢のパフォーマンスも素晴らしい仕上がりで、何だかんだでミニライヴでありつつIRON ATTACK!らしさはしかと伝わってきただろうか!?“Star Dust”の冒頭でYAMA-B氏が歌詞を飛ばすという、セミナーに続いて普段見られない姿が見られたのもご愛嬌ってやつさ。次は是非ともフルバンドで観たいぜ!まぁ3月に観れるけどな!HAHAHAHAHAHA!

KIMG0082.jpg

ライヴ後は打ち上げで美味いメシ、台湾ビールにありつけたんだが、上記したように水餃子20個&チャーハンで既に満腹状態だった俺は大して食えず、その後の部屋飲みも眠くて途中退室しちまったぜ。こいつは反省大賞だな(笑)。まぁでも水餃子が美味過ぎたんで、たらふく食えたのは良かったぜベイビー。あの餃子の何が最高かって?具の八割以上が肉だって事さ(笑)。俺はヘヴィメタルと同じ位肉が好きだからな。ノー肉、ノーライフだぜ。


そして翌日は帰るだけ、流石に眠く飛行機内でも機内食、その後フィニアスとファーブを一話観た以外は爆睡だったぜベイビー。そして日本に到着、空港内で少々茶をしばいた後に帰宅して家でも爆睡だぜ!

しかし今回も最高の3泊4日だったぜメーン!まぁ鼎泰豐には行けず小籠包は食えなかったし、イベントやライヴ等で終始忙しかったIRON氏、まいなすいょん嬢、龍氏たちと共にもう1日位ガッツリ観光したかったと言う気持ちもあるんだが、そいつは次の機会に取っておくぜYES!前回同様日本に帰って来てからファンタジー感が増し、「あれは現実だったのか?夢だったんじゃないのか」感が日に日に強まってるからな(笑)。また行きたいぜ台湾!それまで英気を養っておくぜヘルイェー!
スポンサーサイト
2016/02/27 Sat. 09:18 | trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。